1通メール送信処理

オペレーション名

1通メール送信

機能概要

SMTPサーバに1通のメールを送信します。

プロパティ

変数の使用については、「変数」を参照してください。
基本設定
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
名前 必須 使用不可 スクリプトキャンバス上での名前を入力します。  
必須設定
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
接続先 必須 使用不可 グローバルリソースを選択します。
グローバルリソースの設定方法については、「グローバルリソースのプロパティ」を参照してください。
  • [追加]:
    新規にグローバルリソースを追加します。
  • [一覧の編集]:
    「リソース一覧の編集」画面にて、グローバルリソースの設定を編集することができます。
 
送信元メールアドレス 必須 使用可 送信元のメールアドレスを入力します。  
送信先 必須 - 送信先のメールアドレスを入力します。

各列は以下のボタンで操作することができます。
  • [追加]:
    列を追加します。
  • [上へ]:
    選択している列の順序を一つ上に上げます。
  • [下へ]:
    選択している列の順序を一つ下に下げます。
  • [削除]:
    列を削除します。
 
送信先/種類 必須 使用可 送信先の種類を選択します。
  • [TO]:(デフォルト)
  • [CC]:
  • [BCC]:
 
送信先/メールアドレス 必須 使用可 メールアドレスを入力します。  
認証
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
認証モード 必須 使用不可 メールを送信する際の認証モードを選択します。
  • [なし]:(デフォルト)
    認証を行いません。
  • [POP before SMTP]:
    送信する前にPOP3による認証を行います。
  • [SMTP認証(LOGIN)]:
    SMTP認証(LOGIN)方式の認証を行います。
  • [POP before SMTP]を選択した場合、POPサーバとの接続タイムアウトは15秒です。
ホスト名 必須 使用可 POPメールサーバのホスト名またはIPアドレスを入力します。
  • [認証モード][POP before SMTP]を選択した場合、有効になります。
ポート番号 必須 使用可 POPメールサーバにアクセスするためのポート番号を入力します。
  • デフォルト値は「110」です。
  • [認証モード][POP before SMTP]を選択した場合、有効になります。
ユーザ名 必須 使用可 POPメールサーバにアクセスするユーザ名、またはSMTP認証するためのユーザ名を入力します。
  • [認証モード][POP before SMTP]または[SMTP認証(LOGIN)]を選択した場合、有効になります。
パスワード 必須 使用可 POPメールサーバにアクセスするためのパスワード、またはSMTP認証するためのパスワードを入力します。
  • [認証モード][POP before SMTP]または[SMTP認証(LOGIN)]を選択した場合、有効になります。
SSL接続 省略可 使用不可 POPメールサーバにSSL接続を行うかどうかを選択します。
  • [チェックあり]:
    SSL接続を行います。
  • [チェックなし]:(デフォルト)
    SSL接続は行いません。
  • [認証モード][POP before SMTP]を選択した場合、有効になります。
  • SSL接続方式はSSL/TLSです。
  • [チェックあり]を選択した場合、POP3サーバのサーバ証明書がDataSpiderServerの参照するキーストアにインポートされている必要があります。
  • キーストアへのインポート方法については、別途お問い合わせください。
プロパティアクション
項目名 説明 備考
認証テスト 指定した[ホスト名]に対し、[ユーザ名][パスワード]でログインすることができるかテストを行います。
  • [認証モード][POP before SMTP]または[SMTP認証(LOGIN)]を選択した場合、有効になります。
  • 以下の場合には[認証テスト]は無効になります。
    • [ホスト名]または[ポート番号][ユーザ名][パスワード]が入力されていない場合
    • [ホスト名]または[ポート番号][ユーザ名][パスワード]に変数が指定された場合
メッセージ
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
件名 省略可 使用可 件名を入力します。  
本文 省略可 使用可 本文を入力します。  
Content-Type 省略可 使用可 Content-Typeを選択または入力します。
  • [text/plain]:(デフォルト)
  • [text/html]:
  • 省略した場合には、「text/plain」で送信します。charsetパラメータは[エンコード]の値を設定します。
エンコード 省略可 使用可 メール送信時のエンコードを選択または入力します。
  • [日本語(JIS)]:(デフォルト)
  • [日本語(シフトJIS)]:
  • [日本語(EUC)]:
  • [US-ASCII]:
  • [ISO 8859-1]:
  • [UTF-8]:
  • [EUC-KR]:
入力する場合は、Java SE Runtime Environment 8でサポートされているエンコードを指定します。
詳細については、「Supported Encodings」(http://docs.oracle.com/javase/8/docs/technotes/guides/intl/encoding.doc.html)を参照してください。
  • 省略した場合には、「UTF-8」で送信します。
添付ファイル
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
添付ファイル 省略可 - 添付ファイルのファイルパスを指定します。

各列は以下のボタンで操作することができます。
  • [追加]:
    列を追加します。
  • [上へ]:
    選択している列の順序を一つ上に上げます。
  • [下へ]:
    選択している列の順序を一つ下に下げます。
  • [削除]:
    列を削除します。
 
添付ファイル/ファイルパス 必須 使用可 添付ファイルのファイルパスを入力します。
返信先
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
返信先 省略可 - 返信先のメールアドレスを指定します。

各列は以下のボタンで操作することができます。
  • [追加]:
    列を追加します。
  • [上へ]:
    選択している列の順序を一つ上に上げます。
  • [下へ]:
    選択している列の順序を一つ下に下げます。
  • [削除]:
    列を削除します。
 
返信先/返信先メールアドレス 必須 使用可 メールアドレスを入力します。  
ヘッダ
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
ヘッダ一覧 省略可 - メール送信時に付与するヘッダを指定します。  
ヘッダ一覧/ヘッダ 必須 使用可 メール送信時に付与するヘッダのキーを入力します。
  • ダブルバイトのキー値は対応していません。
ヘッダ一覧/値 必須 使用可 メール送信時に付与するヘッダの値を入力します。
  • 値にダブルバイト文字が含まれる場合には、値はRFC 2047準拠のエンコーディングが行われます。
コメント
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
コメント 省略可 使用不可 このアダプタの簡単な説明を記述することができます。
説明を記述すると、仕様書に反映させることができます。
 

スキーマ

入力スキーマ

ありません。

出力スキーマ

ありません。

トランザクション

トランザクションはサポートしていません。

PSPでの使用について

PSPでは使用できません。

使用できるコンポーネント変数

コンポーネント変数名 説明 備考
count 送信したメールの件数が格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
message_category エラー発生時、発生したエラーに対応するメッセージコードのカテゴリが格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
message_code エラー発生時、発生したエラーに対応するメッセージコードのコードが格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
message_level エラー発生時、発生したエラーに対応するメッセージコードの重要度が格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
error_type エラー発生時、発生したエラーの種類が格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
  • エラーの種類は、以下のような形式となります。
    例:「java.io.FileNotFoundException」
  • DataSpider Cloudのバージョンにより、格納される内容が変わる可能性があります。
error_message エラー発生時、発生したエラーのメッセージが格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
  • DataSpider Cloudのバージョンにより、格納される内容が変わる可能性があります。
error_trace エラー発生時、発生したエラーのトレース情報が格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
  • DataSpider Cloudのバージョンや実行するクライアントアプリケーションにより、格納される内容が変わる可能性があります。

仕様制限

主な例外

例外名 原因 対策
ResourceNotFoundException
リソース定義が見つかりませんでした。名前:[]
[接続先]が指定されていません。 [接続先]を指定してください。
ResourceNotFoundException
リソース定義が見つかりませんでした。名前:[<グローバルリソース名>]
[接続先]で選択されたリソース定義が見つかりません。 [接続先]で指定したグローバルリソースを確認してください。
InvalidPropertyConfigurationException
<プロパティ名>が指定されていません。
[<プロパティ名>]が指定されていません。 [<プロパティ名>]を指定してください。
RecipientsNotFoundException [送信先]が不正です。 以下のことを確認してください。
  • [送信先]が1つ以上設定されているか
  • [送信先/種類]が正しいか
  • [送信先/メールアドレス]が入力されているか
  • [送信先/メールアドレス]にマルチバイト文字を含むメールアドレスが指定されていないか
java.io.UnsupportedEncodingException [エンコード]に設定されたエンコードはサポートされません。 [エンコード]で指定したエンコードを確認してください。
javax.mail.AuthenticationFailedException: [ユーザ名]または[パスワード]が不正です。 [ユーザ名]または[パスワード]を確認してください。
com.sun.mail.util.MailConnectException:
ConnectException
[ホスト名]で指定したホストとの接続に失敗しました。 [ホスト名][ポート番号]を確認してください。 また、[ホスト名]で指定したホストでサービスが提供されているかどうかを確認してください。
com.sun.mail.util.MailConnectException:
UnknownHostException
[ホスト名]で指定したホストが見つかりません。 [ホスト名]で指定したホスト名を確認してください。
javax.mail.SendFailedException
送信に失敗しました。 [送信先/メールアドレス]を確認してください。
javax.mail.SendFailedException
Invalid Addresses
送信に失敗しました。 [送信先/メールアドレス]を確認してください。
メールアドレスが正しい場合でも、メールサーバがエラーを返した場合にこの例外が発生することがあります。
com.sun.mail.smtp.SMTPSendFailedException 送信に失敗しました。 メッセージの内容を確認して対策を行ってください。
javax.mail.MessagingException:
SSLHandshakeException
グローバルリソースの[SSL接続]の値に[SSL/TLS]、または[STARTTLS]のどちらかが選択されており、サーバ証明書の信頼性が検証できなかった場合に発生します。 SSL接続を行うサーバの証明書がJavaに登録されているか確認してください。 登録されている場合、接続先のサーバがJavaに登録したサーバと同一か、または接続先のサーバ証明書の有効期限が切れていないか確認してください。