グローバルリソースのプロパティ

接続設定

グローバルリソースの接続設定は、各アダプタのプロパティ設定ダイアログ、コントロールパネルの「グローバルリソースの設定」から行うことができます。

各アダプタ共通の設定

基本設定
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
名前 必須 使用不可 接続先の設定の名前を入力します。  
種類 必須 使用不可 接続先のデータベースの種類を選択します。
  • 編集中のオペレーションのデータベース以外は選択できません。
必須設定
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
ホスト名 必須 環境変数のみ使用可 データベースのホスト名を入力します。
  • [URLを直接入力する]にチェックを入れた場合、無効になります。
ポート番号 必須 環境変数のみ使用可 データベースのポート番号を入力します。
デフォルトの番号は「1521」です。
  • [URLを直接入力する]にチェックを入れた場合、無効になります。
SID 必須 環境変数のみ使用可 データベースSIDを入力します。
  • [URLを直接入力する]にチェックを入れた場合、無効になります。
URLを直接入力する 省略可 使用不可 接続先のOracleデータベースのURLを直接入力するかどうかを選択します。
  • [チェックあり]:
    URLを直接入力します。
  • [チェックなし]:(デフォルト)
    [ホスト名][ポート番号][SID]の各設定をもとにURLが生成されます。
 
URL 必須 環境変数のみ使用可 URLを入力します。
標準的なOracleのURL形式は「jdbc:oracle:thin:@<ホスト名>:<ポート番号>:<SID>」です。
JDBCドライバでサポートされているURLがサポート対象になります。
  • [URLを直接入力する]にチェックを入れた場合、有効になります。
  • lightbulbプラガブルDBを使用する場合は「jdbc:oracle:thin:@<ホスト名>:<ポート番号>/<サービス名>」形式で入力してください。
ユーザ名 必須 環境変数のみ使用可 ユーザ名を入力します。  
パスワード 省略可 環境変数のみ使用可 パスワードを入力します。  
プロパティアクション
項目名 説明 備考
接続テスト データベースへの接続確認を行います。  
一覧設定
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
テーブル一覧数を制限 省略可 使用不可 テーブル一覧の表示数を制限するかどうかを選択します。
  • [チェックあり]:(デフォルト)
    テーブル一覧の表示数を制限します。
  • [チェックなし]:
    テーブル一覧の表示数を制限せず、すべてのテーブル名を取得します。
 
テーブル一覧数 省略可 使用可 テーブル一覧の表示数を入力します。
  • [テーブル一覧数を制限]にチェックを入れた場合、有効になります。
  • デフォルト値は「500」です。省略した場合、または不正な値が入力された場合は「500」が使用されます。
プロシージャ一覧数を制限 省略可 使用不可 プロシージャ一覧の表示数を制限するかどうかを選択します。
  • [チェックあり]:(デフォルト)
    プロシージャ一覧の表示数を制限します。
  • [チェックなし]:
    プロシージャ一覧の表示数を制限せず、すべてのプロシージャ名を取得します。
 
プロシージャ一覧数 省略可 使用可 プロシージャ一覧の表示数を入力します。
  • [プロシージャ一覧数を制限]にチェックを入れた場合、有効になります。
  • デフォルト値は「500」です。省略した場合、または不正な値が入力された場合は「500」が使用されます。

コンポーネントプールの設定

コンポーネントプールの設定は、コントロールパネルの「グローバルリソースの設定」から行うことができます。

セキュリティ

セキュリティの設定は、コントロールパネルの「グローバルリソースの設定」から行うことができます。