ファイル/フォルダ一覧取得処理

オペレーション名

ファイル/フォルダ一覧取得

機能概要

Amazon S3上にあるファイル/フォルダの一覧を取得します。

データモデル

本コンポーネントのデータモデルはXML型です。

プロパティ

変数の使用については、「変数」を参照してください。
基本設定
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
名前 必須 使用不可 スクリプトキャンバス上での名前を入力します。  
必須設定
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
接続先 必須 使用不可 グローバルリソースを選択します。
  • [追加]:
    新規にグローバルリソースを追加します。
  • [一覧の編集]:
    「リソース一覧の編集」画面にて、グローバルリソースの設定を編集することができます。
 
Bucket名 必須 使用可 Bucketを指定します。
  • [Bucket名]に大量のファイルが存在するBucketを指定した場合、[フォルダパス]のリストの更新に時間がかかることがあります。
    リストにアイテムが表示されないようにしたい場合、別途お問い合わせください。
フォルダパス 必須 使用可 Amazon S3のフォルダパスを入力します。
再帰的に処理する 省略可 使用不可 指定したフォルダについて、再帰的に一覧を取得するかどうかを選択します。
  • [チェックあり]:
    指定したフォルダにフォルダが含まれる場合、再帰的に一覧を取得します。
  • [チェックなし]:(デフォルト)
    指定したフォルダのみ一覧を取得します。
 
アクセス権の情報を結果に含める 省略可 使用不可 ファイルのアクセス権の情報を結果に含めるかどうかを選択します。
  • [チェックあり]:
    ファイルのアクセス権の情報を結果に含めます。
  • [チェックなし]:(デフォルト)
    ファイルのアクセス権の情報を結果に含めません。
 
データ処理方式
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
データ処理方式 必須 使用不可 データ処理方式を選択します。
  • [スクリプトの設定を使用する]:(デフォルト)
    スクリプトプロパティの大容量データ処理の設定をアダプタに使用します。
  • [大容量データ処理を行わない]:
    大容量データ処理を行いません。
  • [大容量データ処理を行う]:
    大容量データ処理を行います。
 
コメント
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
コメント 省略可 使用不可 このアダプタの簡単な説明を記述することができます。
説明を記述すると、仕様書に反映させることができます。
 

スキーマ

入力スキーマ

ありません。

出力スキーマ

<?xml version="1.0"?>
<server>
  <bucket name="" status="" >
    <file etag="" name="" public="" remotepath="" size="" status="" storageclass="" type="" updated="" />
  </bucket>
</server>
要素名 属性名 説明 備考
server -    
bucket - 取得したBucketごとに出現します。  
name 取得したBucketの名前を出力します。  
status 取得したBucketの状態を出力します。
  • Exist:Bucketが存在している状態です。
  • ErrorBucketNotFound:指定した[Bucket]がAmazon S3上に存在しない状態です。指定したBucket名が誤っている可能性があります。
  • Error:エラーが発生したため、Bucketの取得ができなかった状態です。
 
file - 取得したファイル/フォルダごとに出現します。  
etag 取得したファイル/フォルダのETagを出力します。
  • ファイル/フォルダの情報が正常に取得できなかった場合は値が空白になります。
name 取得したファイル/フォルダの名前を出力します。
  • statusが「ErrorRemoteFolderNotFound」の場合は値が空白になります。
public 取得したファイル/フォルダのアクセス権を出力します。
  • true:公開
  • false:非公開
  • ファイル/フォルダの情報が正常に取得できなかった場合は値が空白になります。
  • 「AllUsers Group」に「READ」権限が付与されている場合に、「公開」としています。
  • [アクセス権の情報を結果に含める][チェックなし]の場合は値が空白になります。
remotepath 取得したファイル/フォルダのAmazon S3上のファイルパスを出力します。  
size 取得したファイル/フォルダのサイズを出力します。単位はバイトです。
  • ファイル/フォルダの情報が正常に取得できなかった場合は値が空白になります。
  • フォルダの場合は常に「0」が出力されます。
status 取得したファイル/フォルダの状態を出力します。
  • Exist:ファイル/フォルダが存在している状態です。
  • Virtual:Amazon S3上に、指定した[フォルダパス]自体は存在しないが、その配下にフォルダまたはファイルが存在する状態です。
  • ErrorRemoteFolderNotFound:指定した[フォルダパス]がAmazon S3上に存在しない、またはファイルを指定した状態です。
  • Error:エラーが発生したため、ファイル/フォルダ情報の取得ができなかった状態です。
 
storageclass 取得したファイル/フォルダのStorage Classを出力します。
  • STANDARD:Standard
  • REDUCED_REDUNDANCY:RRS(Reduced Redundancy Storage)
  • STANDARD_IA:Standard_IA
  • ファイル/フォルダの情報が正常に取得できなかった場合は、値が空白になります。
type 取得したファイル/フォルダの種別を出力します。
  • File:ファイル
  • Folder:フォルダ
 
updated 取得したファイル/フォルダの最終更新日時を出力します。
  • ファイル/フォルダの情報が正常に取得できなかった場合は値が空白になります。
  • 形式「yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss.SSSZZ」で出力されます。
    例:2007-10-16T13:15:22.738+0900
  • タイムゾーンはDataSpiderServerのタイムゾーンになります。

Mapperでのスキーマ読み込み

スキーマは自動で読み込まれます。
詳細については、「スキーマ編集」を参照してください。

大容量データ処理

大容量データ処理に対応しています。

PSPでの使用について

PSPでは使用できません。

使用できるコンポーネント変数

コンポーネント変数名 説明 備考
count 取得したフォルダおよびファイルの数が格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
  • 「folder_count」と「file_count」の合計です。
folder_count 取得したフォルダの数が格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
file_count 取得したファイルの数が格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
message_category エラー発生時、発生したエラーに対応するメッセージコードのカテゴリが格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
message_code エラー発生時、発生したエラーに対応するメッセージコードのコードが格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
message_level エラー発生時、発生したエラーに対応するメッセージコードの重要度が格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
error_type エラー発生時、発生したエラーの種類が格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
  • エラーの種類は、以下のような形式となります。
    例:「java.io.FileNotFoundException」
  • DataSpider Cloudのバージョンにより、格納される内容が変わる可能性があります。
error_message エラー発生時、発生したエラーのメッセージが格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
  • DataSpider Cloudのバージョンにより、格納される内容が変わる可能性があります。
error_trace エラー発生時、発生したエラーのトレース情報が格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
  • DataSpider Cloudのバージョンや実行するクライアントアプリケーションにより、格納される内容が変わる可能性があります。

仕様制限

ありません。

主な例外

例外名 原因 対策
ResourceNotFoundException
リソース定義が見つかりませんでした。名前:[]
[接続先]が指定されていません。 [接続先]を指定してください。
ResourceNotFoundException
リソース定義が見つかりませんでした。名前:[<グローバルリソース名>]
[接続先]で選択されたリソース定義が見つかりません。 [接続先]で指定したグローバルリソースを確認してください。
InvalidPropertyConfigurationException
<プロパティ名>が指定されていません。
[<プロパティ名>]が指定されていません。 [<プロパティ名>]を指定してください。
Status Code: 403, AWS Request ID: XXXXXXXXXXXXXXXX, AWS Error Code: InvalidAccessKeyId, AWS Error Message: The AWS Access Key Id you provided does not exist in our records., S3 Extended Request ID: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX [接続先]で指定したグローバルリソースの[Access Key ID]に誤りがあります。 [接続先]で指定したグローバルリソースの設定を確認してください。
Status Code: 403, AWS Request ID: XXXXXXXXXXXXXXXX, AWS Error Code: SignatureDoesNotMatch, AWS Error Message: The request signature we calculated does not match the signature you provided. Check your key and signing method., S3 Extended Request ID: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX [接続先]で指定したグローバルリソースの[Secret Access Key]に誤りがあります。 [接続先]で指定したグローバルリソースの設定を確認してください。
Unable to execute HTTP request: <endpoint> [接続先]で指定したグローバルリソースの[Endpoint]に誤りがあります。 [接続先]で指定したグローバルリソースの設定を確認してください。

注意事項